マンション大規模修繕工事業者に建物の維持を任せよう

インテリア

避けることのできない事態

工事現場

費用をコミコミにした販売

住宅を所持している場合、一戸建てでもマンションでも修繕工事がいずれかの時期に必要になります。無修繕で済むことはほとんどありえないのです。マンションの場合には、共有部分などの管理がありますので、個人の見解で大規模修繕工事を行う事はできませんが、マンションの管理組合の決定により実施されるため、意志とは関係なく実施されることが多くなっています。一方一戸建てでも同様に大規模修繕が数十年に一度必要になります。予算や状況に応じて改修工事を行う事が可能ですが、マンションより所有している面積が広い分、コストがかかります。ローンで住宅を購入している場合これらの金額は出費となり負担となります。計画的に修繕積立を行うなどが必要になります。

20年に一度は発生

最近の販売される住宅では、この大規模修繕の費用をローンに組み込み行うケースも増加しています。住宅は、15年程度で大規模修繕の時期を迎えます。雨風や紫外線などの影響を受けることになりますので、15年程度である程度の劣化が発生し、この事態は避けることができないのです。もちろん、小規模な修繕を頻繁に行ったり、メンテナンスをしっかりすることで15年を伸ばすことは可能ですが、それでも20年前後で大規模修繕は必要になります。そのため、数回の修繕の費用を最初から組み込んでおき、修繕作業の際には、請求せずに作業を行うケースが多くなっています。これにより住民の急な出費を防止することができるなど消費者の立場に立ったサービスになっているのです。