マンション大規模修繕工事業者に建物の維持を任せよう

インテリア

マンションの修繕

マンション

マンションの経年劣化

マンションは購入した際には外観も綺麗で、内装も新しく、一生に一度の買い物だけに、購入した際には、達成感に浸れることと思います。しかし、マンションは月日が経ちますと経年劣化により不具合が生じてきます。その原因としては年中太陽の紫外線を浴びていること、風雨にさらされていること、設備自体の経年劣化があげられます。特に外壁は変色、クラック等が発生してきます。開放廊下も同様に変色、敷物の剥がれ、汚れが発生してきます。また、水回りの配管についても腐食が次第に進行し、排水不良等の不具合が生じてきます。このような経年劣化の進行を防ぎ、美観の保持のためにマンション大規模修繕が必要となります。通常、築10年を目安に修繕を行います。

マンションの修繕の方法

マンションの経年劣化のためにマンション大規模修繕が必要となりますが、具体的な方法について説明いたします。まずマンション大規模修繕のために、分譲住宅を例にしますと、管理組合の中に「マンション大規模修繕検討部会」を設置いたします。その部会の中でマンション大規模修繕の詳細について検討し決定します。専門性が強いのでこの部会には、管理組合の担当者、必要に応じて、マンション管理士の資格を持った人をオブザーバーとして部会員とし意見を求めます。大よそ1年前にはこの部会を設置して検討します。詳細が決定しましたなら、管理組合の総会に議案として上げて了承を求めます。了承されましたなら、具体的なマンション大規模修繕の業者を選定し、業者が決定しましたならマンション大規模修繕の契約を締結し、契約の内容に則って、工事を進めることとなります。